MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

【評判・口コミ】森永の粉ミルク『はぐくみ』と『E赤ちゃん』どっちが良いの?違いは赤ちゃんの〇〇を助ける成分にあり!

皆さんこんにちは、うーたろーです。

赤ちゃんの粉ミルクにはいろんな種類がありますよね。

一体なにが違うんだろう…なんて思ったことはありませんか?

そんな疑問を解決するため、この記事では森永乳業から発売されている『はぐくみ』と『E赤ちゃん』という2つのミルクの違いを比較していきます。

我が家では「はぐくみ」と「E赤ちゃん」を実際に検討し使ってみましたので、そこで分かった違いや特徴をお伝えしますね。

ミルク選びにお悩みのあなたの参考になりますように!。

目次

『はぐくみ』と『E赤ちゃん』結局どっちが良いの?

『はぐくみ』と『E赤ちゃん』結局どっちが良いの?

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」、結局どちらが良いのでしょうか。

結論!おすすめなのは…

結論をお伝えすると、オススメは『E赤ちゃん』です!

「E赤ちゃん」の方が価格はやや高いものの、より赤ちゃんにやさしい作りになっているんです。

決して「はぐくみ」が劣っているというワケではありません。

「E赤ちゃん」には「はぐくみ」の成分にプラスアルファの要素が含まれているので、「E赤ちゃん」の方がオススメということです。

それでは「はぐくみ」と「E赤ちゃん」の違いを確認していきましょう。

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」の違いはここ

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」はどちらも森永乳業の商品ですが、名前がまったく違っていますね。

何が違うのかと比べていくと、こんなことが分かりました。

キーワードは 『ペプチド

どちらのミルクも、母乳に近づける成分が配合されています。

他の成分もほぼ共通していますが、「牛乳たんぱく質」の大きさが異なっていることが商品の違いです。

牛乳たんぱく質の大きさが違うと、赤ちゃんの消化負担に差が出てきます。

牛乳たんぱく質を細かく分解した状態のことは「ペプチド」と呼ばれています。

「E赤ちゃん」はすべての牛乳たんぱく質がペプチドになっているので、負担が小さくなっているんです。

一方「はぐくみ」はすべてではありませんが、一部がペプチドになっています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

「はぐくみ」が果物そのままの状態なら、「E赤ちゃん(ペプチド)」は果物をすりおろした状態のようなイメージです。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

すりおろしてあれば消化にやさしそう!

このことから、「E赤ちゃん」の方が赤ちゃんにやさしい商品であるといえます。

ただ、問題は金額面。

『E赤ちゃん』の方が、800gの缶1つで500円~600円ほど高めです。

ミルクは1歳ごろまで使いますし、他の赤ちゃん用品にもお金がかかるので金額を考えて「はぐくみ」選ぶというのもアリでしょう。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

月齢にもよるんだろうけど、1週間~2週間で1缶を使い切っちゃうもんね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

金銭面もないがしろにはできないですからね。

ここまでで「はぐくみ」と「E赤ちゃん」の違いが分かりましたね。

次は、そもそもなんで森永のミルクが良いのかを見ていきましょう。

森永の『はぐくみ』と『E赤ちゃん』を選ぶワケ

森永の『はぐくみ』と『E赤ちゃん』を選ぶワケ

赤ちゃん用のミルクはいろいろなメーカーから発売されています。

どれも赤ちゃんのことを考えて作られている商品ばかりです。

その中でも森永の「はぐくみ」と「E赤ちゃん」を使うには理由があります。

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」の成分は母乳研究を元に作られている

この2つのミルクは、最新の母乳研究を元に、栄養成分を母乳に近づけて作られた商品です。

『はぐくみ』と『E赤ちゃん』に含まれる成分
  • オリゴ糖3種類
    • 母乳育ちのような腸内環境に近づける働きがある
  • ラクトフェリン
    • 初乳に多いたんぱく質で、育児用ミルクへの配合は森永乳業だけ!
  • DHA+アラキドン酸
    • 成長と発達を助けるDHAとアラキドン酸が母乳と同じ2:1の比率で配合

母乳には赤ちゃんを育て、守るための成分が含まれています。

その母乳に近づけた成分に近づけて作られているのは、赤ちゃんの口に毎日入れるものとして安心ですよね。

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」は日本製の商品

「はぐくみ」も「E赤ちゃん」も日本製の商品です。

缶に「Made in Japan」とうたわれています。

製造元がしっかり分かるのは、安心ポイントのひとつですよね。

「はぐくみ」も「E赤ちゃん」も消費者庁の認可を得ている

成分や価格には違いがありますが、どちらも消費者庁から認可を得て販売されているミルクです。

安心して使うことができますね。

『はぐくみ』と『E赤ちゃん』の種類

『はぐくみ』と『E赤ちゃん』の商品種類

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」にはいくつかのラインアップがあります。

  1. 日々使える大容量の「缶タイプ」
  2. 衛生面で安心な「エコパックタイプ」
  3. 手軽に使える「スティックタイプ」

この3種類を紹介します。

缶タイプ

缶のタイプは大容量(800g入り)と、小さいサイズ(300g入り)が販売されています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

缶の中に軽量スプーンが入っていて、購入してすぐ使えるのがポイントです。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

取り出し口も広いので、ミルクを作るときもラクラクですよ!

E赤ちゃん 缶 800g

大容量で使いやすく、オススメできる商品です。

気になる点はこんなところ。

  • 缶自体が大きくて収納には少し場所を取る
  • 缶なので捨てるのがたいへん

エコらくパックタイプ

エコらくパックタイプは400g×2個のセットで販売されています。

専用のケースが必要で、エコパックごとケースに入れて使うことができます。

初回は専用ケース「はじめてセット」を併せて購入するのを忘れずに!

使い終わったらエコパックを取り出して捨てるだけでOK!

うーたろーのアイコン画像うーたろー

処分が缶より簡単なので、手軽さではエコパックの方が便利です。
中身を入れ替えることがないので衛生面も安心ですね。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

ただ専用ケースの口が缶より小さいので、こぼしちゃったりすることがあるんだよなあ。

エコらくパック

缶タイプもエコらくパックタイプも一長一短ありますので、自分にあっている方を選んでくださいね。

エコらくパックタイプには専用ケース付きで売られているものもありますので、両方試してみても出費はそこまで大きくなりませんよ。

スティックタイプ

1本ずつのスティックで、計らずカンタンにミルクができるのがスティックタイプです。

缶タイプとエコパックタイプに比べて割高ですが、利便性は◎!

  • 1つ1つ分かれているので、お出かけ用に
  • 夜間など楽に作りたいときに
  • 泣き出してしまいすぐにほしいときにも

『E赤ちゃん』の使用感レビュー

『E赤ちゃん』の使用感レビュー
うーたろーのアイコン画像うーたろー

我が家では、子どもが生まれてからずっと「E赤ちゃん」を使用しています。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

実際に使った感じをお伝えするよ!

「E赤ちゃん」は味も問題ない

味が微妙という記事を見かけたことがあり、少し不安はありましたがまったく問題なしです。

産院ではずっと明治の「ほほえみ」を飲んでいて、自宅に来てから「E赤ちゃん」を飲むようになりました。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

ミルクが変わっても飲む勢いは変わりませんでしたね笑

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

毎回しっかり飲み干しているよね!
うちの子にとっては不味いことはないみたい。

ただ味に関しては子どもによる差があります。

飲んでくれるか不安だなと思われる方は、小さい缶(300g)やスティックタイプから始めてみても良いですね。

「E赤ちゃん」はよく溶ける

粉ミルクを使っていて気になるのが、粉をカンタンに溶かせるかどうか。

あまり勢いよく振って溶かしているとミルクが泡立ってしまいます。

「E赤ちゃん」では、粉が溶けなかったり底に溜まってしまうことが一度もありませんでした。

「E赤ちゃん」は使いやすい

商品紹介でも取り上げましたが、缶タイプ、エコらくパック、スティックタイプなど種類が豊富です。

缶タイプは缶に入っているスプーンを、エコらくパックは「はじめてセット」に付属のスプーンを使うことで分量を調整できます。

スティックタイプはそもそも調整がいらないので楽ですね。

  • 缶タイプは口が大きいのですくいやすい。
  • エコらくパックタイプはコンパクトで収納に困らない。
  • スティックタイプは持ち運びにも便利。
うーたろーのアイコン画像うーたろー

缶の処理はたいへんですが、使いやすさという点では缶タイプがオススメです。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

うちも両方使った結果、缶タイプに落ち着いたもんね~。
口が広いのは使いやすいよ!

まとめ 【赤ちゃんの成長に合わせてぴったりのミルクをあげよう!】

赤ちゃんの成長に合わせてぴったりのミルクをあげよう!

「はぐくみ」も「E赤ちゃん」も、赤ちゃんの成長を考えて作られている商品です。

消費者庁の認可も得ているので安心して使えるのもありがたいですよね。

「はぐくみ」と「E赤ちゃん」の違いをおさらいしておきましょう。

  • 成分には多少の違いはあるものの基本的には共通。
  • 大きな違いは、たんぱく質がどのくらい「ペプチド」という状態になっているか。
    • はぐくみ  … たんぱく質の「一部」がペプチド
    • E赤ちゃん … たんぱく質「すべて」がペプチド

比較すると「E赤ちゃん」は「はぐくみ」の上位互換といえますが、お値段は若干お高めでしたね。

金銭面も考慮して使うなら、たとえば生後すぐから便の調子が落ち着くまでは「E赤ちゃん」で。

それから切り替えて、1歳までは「はぐくみ」を使う、というのはどうでしょうか。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

生まれてすぐはお腹も弱いかなと思って、うちではずっと「E赤ちゃん」を選んでいたんだよね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

今は2ヶ月ですがおなかも問題ないようです。
3ヶ月目に入ったところで、「はぐくみ」に切り替えてみようと思っています。

様子を確認しながら、赤ちゃんの成長に合わせて選んでみてくださいね。

赤ちゃんに合うミルクを見つけて、素敵な子育てライフをお送りください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる