MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

【評判・口コミ】WordPressテーマ『SWELL』はブログ初心者でも楽しく記事が書けるオススメのテーマ!

  • ブログのテーマってどれが良いんだろう?
  • おすすめのテーマ教えて!
  • 「SWELL」にしようか迷ってるんだけど、どうなの?

ブログを始めると、段々と有料テーマが気になってきますよね。

有料テーマは安くても1万円弱、高いものだと2万円を超えるような価格帯です。

安い金額ではないので、慎重に選びたいですよね。

この記事では、当ブログでも利用しているWordPressのテーマ『SWELL』について紹介していきたいと思います。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

僕も有料テーマを選んでいるときに「SWELL」をおすすめしていただき、勢いで決定しました。
まったく後悔はなく、むしろ使いやすいので初心者ブロガーの皆さんにぜひ使ってほしいテーマです。

実際にSWELLを使った上でのメリット、デメリットを紹介していきますので、参考にしてみてください!

目次

SWELLってどんなテーマ?

SWELLってどんなテーマ?
引用:SWELL公式サイト

おすすめしている『SWELL』がどんなテーマなのかを紹介します。

『SWELL』は圧倒的な使い心地を追及されたWordPressのテーマです。

この使い心地、本当に圧倒的です。

マウス操作とキーボード入力。

この2つの操作さえできれば、ブログ初心者でも思い通りのブログを作ることができます。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

僕はもう、SWELLなしではブログが書けません。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

そんなに?

うーたろーのアイコン画像うーたろー

SWELLを使えば、難しい知識がなくてもブログができあがります。
こうしたい!と思ったことが簡単に形にできますよ。

SWELLの価格は?

初心者が気になる価格をお伝えします。

SWELLの価格は17,600円(税込)

うーたろーのアイコン画像うーたろー

他のテーマと比較すると若干高めですね。
実はあーちゃんに内緒で購入しました。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

やっぱり?あとで詳しく。

他のテーマと比べてしまうと若干高めのSWELLですが、購入を全く後悔しないあらゆる機能性、操作性で満たされています。

『もっと気軽に、楽しく記事を書こう。』

誰でもこれが実現できる、特にブログ初心者におすすめのWordPressテーマです。

SWELLを使うメリット

SWELLを使うメリット

最初にSWELLの使い勝手について触れましたが、他のメリットも含めて掘り下げていきます。

「Gutenberg(グーテンベルク)」対応で操作が簡単!

WordPressでの執筆にはエディタというものを使用します。

2018年12月、このエディタは、「Gutenberg(グーテンベルク)」というブロックエディタにアップデートされました。

この「Gutenberg(グーテンベルク)」がくせ者で、旧エディタを再現するプラグイン「Classic Editor」を使用して、あえて旧エディタで執筆しているというブロガーも少なくありません。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

僕もブログを始めた当初、Gutenbergではそもそも記事を書くことすらできず、何とか旧エディタにたどり着きました。
そのときのテーマは無料の『Cocoon』です。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

それなら旧エディタで書けば問題ないんじゃないの?

実はそこに1つの問題点が。

旧エディタを再現するプラグイン「Classic Editor」は、サポートが2022年で終了となります。

近いうちに「Gutenberg」を使わなければいけないときがやってくるということです。

そこでこの問題を簡単に解決できる方法の1つが、テーマに『SWELL』を選ぶこと。

SWELLは「Gutenberg」に対応していて、直観的に使いやすく執筆できる機能が豊富に備わっています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

その秘密はこのツールバーにあります。

このツールバーで出したいエフェクトを簡単に選ぶことができます。

マーカーを引いたり、文字の色を変えたり。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

リストを作るのも、この吹き出しを呼び出すもの、ツールバーをクリックするだけです。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

カンタンに好きなデザインにできるんだね。

これだけではないんです。

こんな囲いも文字の囲いも選ぶだけの楽々操作です。

HTMLやCSSの知識がなくても、簡単にブログをデザインできてしまいます!

ただでさえ簡単なのに、SWELLには更にもうひと手間加えられています。

マウスを動かさなくても、文字を入力するスペースに「 / 」を入れることでキーボード操作もできるというユーザビリティ!

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

ぽちぽち押すだけでもできそう!

うーたろーのアイコン画像うーたろー

ブログを書くことが多くなればなるほど、スピード感も大事です。

オシャレも簡単!

SWELLのカスタマイズを使えば、トップページをオシャレにすることもたやすいことです。

「うたろぐ」トップページのカスタマイズ画面

SWELLでは、固定ページを使うことで記事を書くのと同じようにトップページの変更ができます。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

この仕様だからいろいろ試しながらカスタマイズできます。
とてもラクだし、楽しくできますよ。

これだけでは終わりません。

トップ画像にフィルターをかけたり、更新記事がスライドされたり。

使っていて自分のブログを好きになれるような機能も搭載されています。

商品リンクも簡単!

広告タブを使えば商品リンクもなんのその。

2ヶ所までURLを指定して表示することができます。

困ったさんのアイコン画像困ったさん

検索画面にとんでしまって指定の商品にたどり着けない!

なんてことがなくなります。

実際に広告タブを試してみました。

クリック回数までカウントしてくれる優れものです!

製作者の熱意がすごい!

SWELLの開発者 了さん の熱意もSWELLが好きになるポイントの1つです。

Twitterでも常にSWELLのことを考えて、試行錯誤されている姿が見受けられます。

アップデートされたときには、どう変わったのかを動画付きで紹介していただけます。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

ブロックをそのまま吹き出しにスタイル変更できる機能が加わったときは本当に感動しました。
ユーザーの気持ちを考えて更新されているのがありがたいです。

マニュアルがていねい!

SWELLの公式ページには各項目に分かれたマニュアルが記載されています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

これまで質問しないと解決できなかったことは一度もありません。

調べさえすれば、やりたいことがすべてできるようになっているという丁寧さ。

もしどうしても分からないときには、専用チャットでSWELL開発者の了さんや他のユーザーに相談することもできます。

テーマの移し替えが簡単!

なんとSWELLは、他テーマからの乗り換えまでサポートしてくれます。

既にブログを始めているけどSWELLが気になってきたという方も安心です!

SWELLへの乗り換えはプラグインを使用して行います。

これなしだとテーマを変えたときにこれまでの記事が崩れてしまい、1つ1つチェックするハメになります。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

過去の記事をすべてリライトってかなりしんどいですもんね…。

こういうフォローが行き届いている点にも製作者の気持ちが表れていますね。

SWELL
他テーマからSWELLに乗り換える時のサポート用プラグイン一覧 | WordPressテーマ SWELL
他テーマからSWELLに乗り換える時のサポート用プラグイン一覧 | WordPressテーマ SWELLテーマを乗り換える時、旧テーマの機能で文章の装飾などを使っていると、過去記事のデザインが一気に崩れてしまいます。つまり、テーマを途中で乗り換えるということは、過...

SWELLを使うデメリット

SWELLのちょっとしたデメリット

次はSWELLのデメリットを紹介します。

価格は若干高め

SWELLは他テーマと比較して、価格が高く設定されています。

困ったさんのアイコン画像困ったさん

最初にサーバーやドメイン代を支払っているし、これ以上追加で、しかも17,600円か…。

そう思われる方も少なくないでしょう。

しかし、SWELLの性能や製作者のことを考えれば決して高くはない金額であると感じています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

僕はあくまでSWELLのユーザーですが、SWELLが進化していくのが大好きです。

SWELLに乗り換え用のプラグインが用意されているということは、他テーマを使っていたけど変えてみたいという気持ちになる方がいるということ。

逆にSWELLを使っていて乗り換えたいという気持ちが起きたことは1度もありません。

いくつものテーマを試すより、最初からSWELLに投資した方が結果的にコストが安く済みますね。

複数のブログを管理するときにも購入は一度きりでOK!すごい!

ブロックエディタが使いやすすぎる

Gutenberg(グーテンベルク)の使い勝手が良すぎて、知識不足がそのままになります。

SWELLがあれば執筆できるけど、それ以外では何ともならない…というブロガーが誕生します。

何でも直観で操作できてしまう

HTMLやCSSの知識がなくても、ブログをデザインするのが簡単というメリットの逆手です。

何でも直観で操作できてしまうので、他のテーマでは必要なハズの知識が身に付きません。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

1つ目のデメリット同様、SWELLに依存する体質になってしまうわけです。

まとめ – SWELLはブログが楽しくなる良テーマ

SWELLはブログが楽しくなる良テーマ

ここまで『SWELL』を実際に使ってみたうえでレビューしてみました。

この記事の中で使われているデザインは「SWELL」を使えばすべて簡単操作で実現できます。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

本当に、楽しくブログを執筆するためのテーマなんですよね。

  • ブログを始めたばかりでテーマに悩んでいる方
  • 記事を楽しく気軽に書きたい方
  • シンプルかつ高機能なテーマを試したい方

そんなあなたに『SWELL』をおすすめします!

\ 悩んでいる時間がもったいない! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる