MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

パパママ教室って何?子どものお世話を体験して心構えを身につけよう!夫婦の理解にも繋がるかも!

こんにちは うーたろーです。

今回は、これから親になる皆さんにぜひ参加してみてほしい

パパママ教室について紹介します。

僕も実際に参加して、これは良い勉強になると感じました。

分かっているつもりのことを身をもって知る。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

そして自分が何も分かっていないことを知る

実体験を踏まえて紹介していきますので、興味をもってもらえたらと思います。

目次

パパママ教室って何?

そもそもパパママ教室ってご存知でしょうか?

もしかすると両親学級と呼ばれているかもしれません。

妊婦さんとその旦那さんに向けて、お住まいの市が開催しています。

子育てのシミュストレーションをしたり

生まれたばかりのお子様を持つ夫婦との座談会をしたりする場のことです。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

産婦人科で案内を受けたり、
市のウェブサイトから日程や参加日を確認できますよ。

育児体験することで、これまで以上に親としての自覚を促すことができますね。

特に父親は身体の変化がないので自覚が持ちづらいことがあると思います。

気持ちが母親に追いついて、両親になるためにもパパママ教室の効果は期待できそうです。

予約してみよう

お住まいの市区町村によるので一概には言えませんが、

僕たちの住むところでは電話予約となっていました。

開催日は日曜日の午前月曜日の午前の2回ですね。

僕たちも日曜日しか行けませんでしたが、

休みの日の片方だけでも行く価値ありですよ!

実際に行ってきました

正直に言います。

普段から家事はやっているし、気になることがあれば調べる方なので

まあ何とかなるだろうと思っていました。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

甘い

うーたろーのアイコン画像うーたろー

体験してみて分かることがたくさんありました

どんなことを行ったのか、順番に紹介していきますね。

講座

まずは座学からのスタートです。

子育てにおいての注意してほしいこと、意識してもらいたいことなどを聞きました。

講座の中でも印象的だった問いかけを紹介します。

今、子どもに臨むことは何でしょうか。

こう問われたらどんなことを思い浮かべるでしょうか。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

元気に生まれてきてほしい

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

優しい子に育ってほしい

こんな感じで挙がると思います。

これはどんな思いでも良いんです。

それぞれの夫婦の思いがあることでしょう。

大切なのは

この気持ちを、生まれてから、5年、10年と忘れないでほしい

ということです。

大勢の方は、子どもが成長するにつれて

勉強はどうかとか、周りの同年代と比べてどうか

などを気にするようになってしまいます。

どんどん子どもに対する要望が大きくなっていきます。

これって子どもとしてはかなり大きな負担ですよね。

何か成長があれば、その都度次を期待されてしまい

やってもやっても認めてもらえないんですからね。

そんな時は、1番最初に臨んだこと、先ほどの問いかけの答えを思い出してみてください。

自分がどんな思いで子どもに成長していってもらいたいのか。

きっと親も子も、お互いの心が軽くなりますよ。

また、講師の先生ご自身もお子さんを育てられていましたので

子育ての実体験を伺うこともできました。

奥さんが妊娠中には足の爪を切ってあげたり

3歳くらいの時に、子どもの言葉の成長が遅いのではないか

と検診で言われましたが、高校生になった今、うるさいくらいによく喋るそうです。

小さい頃は成長の差が出て当たり前。

気にしなくても大丈夫といったようなことです。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

神経質になりすぎず、周りと比較するのでもなく、
自分の子どもに対して広い心で向き合うのが良さそうです

僕も今後意識していきます!

沐浴体験

沐浴体験とは、人形と沐浴を使ったシミュレーションです。

お風呂に入れて、身体を綺麗にしてあげること。

赤ちゃんの身体を洗うだけ。

言葉にするとひと言ですが、やってみると大変なもんです。

まず、準備から大変です。

  1. お風呂上がりの着替えを準備しておき、
  2. バスタオル、ガーゼなどを用意して、
  3. ベビーバスにややぬるめ(38度~40度)のお湯を張り、
  4. 沐浴布をかけて赤ちゃんをベビーバスへ。

今回は教室で準備してもらっていましたが、

毎度自分で準備しようと思ったら最初のうちは苦労しそうです

それに清潔なもので用意してあげたいですもんね。

次に、思っているよりも赤ちゃんは重たいです。

ベビーバスの中で片手で支えながら赤ちゃんの身体を洗っていかなければいけません

割と体力を使います。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

これは僕が非力なだけかもしれません

流れとしてはこんな感じです。

  1. 足からゆっくりとベビーバスへ。
  2. ガーゼで顔をふきます。目元、おでこ、鼻筋、頬、耳もしっかり。
  3. 頭を洗ってガーゼで拭き取ります。
  4. 首、手足、股までに綺麗に。くびれ部分は汚れがたまりやすいのでしっかりと!
  5. ひっくり返して背中も綺麗に。頭をぶつけないように注意!
  6. 上がり湯をかけて沐浴は終わり。
  7. 用意していたバスタオルで身体を拭き上げ、衣類を着せて完了!

ここまでを10分程度を目安に行います。

あまり長いと赤ちゃんが寒がってしまうので、

スピーディかつ丁寧に沐浴させてあげましょう

体験では人形を使っていますが、それでもかなり苦労しました

本当の赤ちゃんでは、動くし嫌がったりもするだろうし、

沐浴中に吐いたりトイレしちゃったりすることもあると思います。

そんな中10分程度で済ませる。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

大変さが分かったのは良いですが、既に今から心配になってきました

着替え体験

衣類を着ている人形を一旦おむつまで全て脱がせて再度着せてみる、という体験です。

それ自体はそこまで難しいことではありませんでしたが、

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

おむつの締め具合が心配になりました

うーたろーのアイコン画像うーたろー

締め過ぎで苦しくてもいけないし、
ゆるくて漏れても大変ですもんね

妊婦体験

妊婦体験が1番衝撃的でした

妊娠中と同じ程度の重り(10kg)を身につけてみて、

その状態で色んな動作をしてみました。

こんな風になります。

この状態で日々過ごすのは確かに大変です

まず基本的に身体が重いです。

階段上れば疲れるし、下りは足元が見えないし重心が前になるので危ないです

上向きで寝転がろうものなら、それこそ10kgの重りがお腹に乗るので苦しくなります

横向きになるとだいぶ楽になりました。

寝転がると起き上がるのも大変です。

向きを気を付けながら、腰や膝に負担をかけすぎないように・・・

うーたろーのアイコン画像うーたろー

あーちゃん毎日ありがとう

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

分かってくれましたか
駅や会社の階段が大変なんです

変な言い方ですが、

もし妊婦のつらさを分かってもらえない時には旦那さんにこの体験をしてもらってください

うーたろーのアイコン画像うーたろー

日頃の見えない苦労が分かってもらえるかと思います

男性サイドは、きちんと嫁さんの体調、状態を理解し行動すること
女性サイドは、分からないことを責めるのではなく分かるように伝えること

これでお互いの理解がグッと深まると思います

どうしたって別の人間なので、分からないことはあります

お互いを理解するためにも、奥さんの体調を身を持って知ることのできるこの体験

旦那さんたちには特に受けてもらいたいなと思います

そして奥さんたちには、経験がないとなかなか伝わらないと理解してもらって

旦那さんに伝えてあげてくださいね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

これで僕たちも完璧ですね!

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

・・・

まとめ 【パパママ教室に参加した結果】

以上が初日の教室でした。

2日目も参加すると、分娩時の呼吸や授乳、栄養のことを学べるそうです。

世の旦那さん、積極的な方も、しょうがないなーと思っている方も、

ぜひ1度行ってみてくださいね。

現実はシミュレーション通りにいかないことばかりだとは思いますが、

行って良い勉強になったなと思える体験ばかりですよ。

子どものためだけではなく、夫婦のためにもおすすめします(^^)

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた後日!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる