MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

妊娠中に生ものは危険?食べて良いもの、避けた方が良いもの!

皆さんこんにちは うーたろーです。

今回は、妊娠中の食事についてご紹介していきます。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

私も妊娠が分かってから食事にはだいぶ注意してきました。

実は妊娠中は身体の変化により、これまで問題なかった食事についても意識することが出てきます。

気をつけておくべきことは先に知っておければ余計な心配を生むこともありませんので、一緒にインプットしていきましょう!

目次

何で食べ物に注意が必要なの?

そもそも、何で食べ物に注意する必要があるのでしょうか。

その答えは、妊娠中の免疫の低下です。

妊娠中は普段よりも免疫が低下してしまい、食中毒や食あたりなどにかかりやすい体質となっています。

万が一ママが病原菌に感染すると、細菌が胎盤を通じて赤ちゃんまで感染してしまう可能性があります。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

感染防止のためにも食べ物にも注意が必要なんですね。

お母さんの身体からすると、いくら赤ちゃんと言えども異物として認識してしまいます。

免疫が弱くなっているのは、赤ちゃんを異物として攻撃しないようにしているということです。

食事だけでなく、インフルエンザやノロウイルスなどにも十分注意してくださいね。

では、何は食べて良くて、何を控えるべきなのでしょうか。

生ものは食べちゃダメ?

うーたろーのアイコン画像うーたろー

生ものって美味しいものが多いんですよね

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

お寿司、ローストビーフ、卵かけごはん…

あーちゃんの好物も見事にこんな感じです。

しかし、こんな美味しい食べ物には危険が潜んでいるかもしれません。

それでは、1つずつ調べていきたいと思います。

お寿司(生魚)

魚には、人間が食事からしか補給できない栄養素であるDHAやEPAが豊富で脳や血液の健康を維持するために必要な食べ物です。

しかし、妊娠中はどの種類を食べるか、どうやって食べるかをよく考えらなければいけません。

生魚にはアニサキスなどの寄生虫や細菌が潜んでいる場合があります。

摂取してしまうと、胃の粘膜を攻撃されてしまい吐き気や嘔吐、食中毒の原因となりかねません。

十分に加熱することで死滅しますので、意識してみてください。

これは妊婦さんに限ることではありませんね。

中には冷凍することで死滅する細菌もありますのでどちらかの処理が施されている方が安心と言えるでしょう。

一部冷凍でも死滅しない細菌もいるということで、加熱されている方がより安心と考えられます。

また、魚の種類にも注意が必要です。

マグロやカツオなどの大型の魚には水銀が多く含まれており、水銀は過熱しても減少しません。

通常の生活であれば身体への支障はありませんが、赤ちゃんに関しては排泄できないため話が別です。

水銀を過剰に摂取すると運動神経や知能の発達に影響が出ると言われています。

該当する魚を毎日のように食べ続けることはあまりないと思いますが、注意が必要ですね。

そうは言っても魚の栄養は人間にとって不可欠です。

過剰に拒絶するのではなく、適切にバランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

ローストビーフ(半生肉)

お肉についても赤身が見えているものは注意しなければいけません。

トキソプラズマ症にかかってしまう恐れがあり、最悪流産に繋がる恐れがあります。

僕たちの場合では、外食でステーキやハンバーグを食べる時にもウェルダンにしてもらっています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

そもそも外食でステーキをいただく機会があまりありませんが…

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

私はもっとステーキ食べたいと思ってるよ!

卵かけごはん(生卵)

生卵も注意してください。

十分に火の通っていないものはとにかく注意!

生卵にはサルモネラ菌がいる可能性があるため、食中毒に繋がりかねません。

神経質かもしれませんが、リスクは極力取らない方が賢明だと思っています。

 食べてしまったことを気にしながら妊娠期間を過ごすのは、ただでさえ身体の変化や今後を考えて不安な気持ちもある中しんどくなってしまうと思いませんか?

チーズまで食べてはいけない?

実は最後にもう1つお伝えしたい食品があります。

ナチュラルチーズは注意してください。

結局のところ、加熱処理されていないためリステリア菌への感染を防ぐためですね。

しかしチーズはカルシウム豊富ですし、プロセスチーズの中には

これまた妊婦さんに必要な栄養素である葉酸が含まれていることもあります。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

よく商品を選んで食べればメリットも十分にありますね

さて、ここまで食べるには注意が必要な食品を並べてきましたが、 あれもダメこれもダメ!ではつまらないですよね

次は、ぜひ食べていただきたい食品を紹介していきます。

食べてほしい食品はこれ!

アボカド

森のバターと呼ばれているアボガドには妊婦さんに必要な栄養がたくさん詰まっています

できれば妊娠する前から摂りたい栄養素である葉酸や貧血予防のための鉄分、塩分を排出するために必要なカリウムが豊富に含まれています。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

妊婦さんにはぜひ食べてもらいたいですね!

ただし、カロリーも高めなので食べすぎにはご注意くださいね。

あわせて読みたい
【妊婦さん必見】葉酸は妊婦さんに必須!赤ちゃんとは一心同体!
【妊婦さん必見】葉酸は妊婦さんに必須!赤ちゃんとは一心同体!皆さんこんにちは、うーたろーです。妊娠中に取った方が良い栄養ってある?赤ちゃんに良い効果なの?この記事は、頑張っているママたちにぜひ摂ってほしい栄養素の『葉...

それから、近年輸入されたアボカドの皮からリステリア菌が検出されたことがあるそうです。

皮をよく水洗いし、それでも心配な場合は過熱して食べる調理方法を摂りましょう。

牡蠣(かき)

 牡蠣と聞くと、それこそあたりそう…そんな風に思いますよね。

アボカドの森のバターに続いて、牡蠣は海のミルクと呼ばれています。

アボカド同様に葉酸や鉄分に加えて亜鉛が含まれており、赤ちゃんのリスクを軽減することができます。

注意点としては、生牡蠣だけはやめてください。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

もう火さえ通しておけば何とかなる気がしてきました

食べすぎも貝毒により下痢を引き起こす可能性があります。

これは妊婦さんに限らず誰でもかかりえるので注意がいりますね。

鮑(あわび)

鮑にはタウリンが多く含まれており、赤ちゃんの網膜成形に必要な栄養です。

美肌効果のある栄養素も含んでいるので、肌荒れしやすい妊娠中には特におすすめ。

ちなみに伊勢では、妊娠中に夫婦鮑を食べると綺麗な黒い瞳を持つ子が生まれるといいます。

タウリンの効果がこのことを指しているのかもしれませんね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

これからは2人での旅行はなかなか行けなくなると思い、
安産祈願&鮑を食べるためにちょっと奮発した伊勢神宮へ旅行に行きました

5月目の戌の日の安産祈願を兼ねてぜひ鮑を召し上がってくださいね。

まとめ【妊婦さんに生ものは危険?】

妊娠中は時間や行動だけでなく食事にも制限があり、思うようにいかずしんどいこともたくさんあるかと思います。

しかし、正しい知識を持っていればあれこれ気にしながら食べることもなくなります。

そして栄養も大切ですが、楽しく食事をとり、ストレスを溜めないことがママにとっても赤ちゃんにとっても大事ですね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる