MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

妊婦さんへの新型コロナウイルスの影響は?予防方法も紹介するので徹底しましょう!

こんにちは うーたろーです。

連日新型コロナウイルスに関する報道が流れていますね。

これだけ拡大していると、ご自身や家族はもちろん、

お腹の赤ちゃんへの影響が気になる方も多くいらっしゃると思います

今回は妊婦さんへ向けた新型コロナウイルスの影響や対策を紹介します。

この記事を読むと

新型コロナウイルスに関して、

  • 感染時の症状
  • 赤ちゃんへの影響
  • 各自で摂れる対策
  • 感染してしまった場合にどうするか

などをご理解いただけます!

目次

新型コロナウイルスの症状とは?

新型コロナウイルスによって引き起こると感染病のことを指しています。

感染してしまうと肺炎、発熱(37.5度以上)、咳などの症状が出ます。

しかし困ったことに、感染してもこれらの症状の出ない方

頭痛や消化器官の不調など、関連性のなさそうな症状を訴える方もいらっしゃるようです。

通常の風邪に似た症状が長引いている場合や、非常に強い倦怠感を感じる場合には

感染している可能性があるので検査が必要と考えれらます。

お腹の赤ちゃんにも感染するの?

現在の情報によると、子宮内感染は見られていないとのことです

中国 武漢の病院にて

新型コロナウイルスに感染した妊婦さんの症状を分析し検査しましたが、

子どもへの影響はなかったとの報告があります

胎児の成熟具合によっては未だ不明点は残っています。

しかし、免疫が弱くなっている妊婦さん自身が感染すると重症化の恐れがあります。

先述の症状が2日以上続く場合には、最寄りの保健所へお問い合わせください。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

症状が出てからは体温を毎日計り、記録しておいてくださいね。

予防策

非常に感染力の強い新型コロナウイルスですが、予防のために各自ができることを紹介します。

手洗い

手洗いは予防に最も効果のある対策のひとつです

石けんやアルコール消毒液などでの手洗いを小まめに行ってください。

手の甲、指や爪の間、手首まで念入りに洗うのが効果的です。

手を洗ったあとは清潔なタオルで拭き取ってください。

人との共用はおすすめしません!

うがい

うがいについてはやり方に注意が必要です

口に水を含んで、いきなり喉の奥でガラガラうがいをしないでください。

順番としては、

  1. よく手洗いをする
  2. 一旦水で口の中をゆすいで吐き出す
  3. その後に喉をガラガラうがいする

とするのが良いようです。

いきなりガラガラうがいをすると口内の菌を体内に持ち込んでしまう恐れがあるため、

一旦吐き出してから喉を洗浄するのが正しいんですね。

マスク

皆さんご承知の通りですが、どのスーパーや薬局でもマスクが品切れで、非常に入手が困難です

マスクしろといったって見つからないものはどうしようもないと思いますよね。

そのため現在は、官民の協力により毎週1億枚以上のマスク確保に取り組まれています。

今後マスクを見つけられる機会が増えてくると考えられます。

店舗で見つけた場合には、購入数量をよく検討していただくようにお願いします

では実際にマスクにはどれほどの予防効果があるのかをみていきましょう。

マスクに関してはこのような記事があります。

予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません。

厚生労働省ホームページ より
うーたろーのアイコン画像うーたろー

つまり、ひと気が多く空気の流れが悪い室内ではともかく、
屋外ではそこまでの効果はないということですね。

このことから駅や電車内やオフィスで長時間過ごすことが多い方は必要と考えられますし、

運動や散歩、多少の移動などで外出の際には必要ではないのかもしれません。

むしろ予防ではなく、頻繁に咳やくしゃみが出る人ほどマスクを着用しましょう

咳やくしゃみでウイルスや菌が飛散して感染させてしまう恐れの方が余程強いということです。

接触感染の予防

新型コロナウイルスの菌は物から手に移り、口や鼻、目から体内に入り込みます。

そのため、まずは手に菌をつけないようにすることを心がけましょう

  • 電車のつり革
  • エレベータのボタン
  • ドアノブ
  • キーボード

このあたりが日常的に多数の人が触れそうなところですね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

通勤中にはつり革に掴まらず踏ん張っています 。
こけないように気を付けたいものです。

他にもボタンは指先ではなく関節で押す

ドアノブなどに触れてしまったらすぐに手を洗うなどの対策を取りましょう。

あと、実はスマートフォンも結構汚いんです

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

ツルツルした表面は菌が生き残りやすいということで
スマートフォンは菌の温床かもしれませんね…。ぴえん。

感染してしまったかもしれない

風邪に似た症状や37.5度以上の発熱、倦怠感などが続いており、

もしかして感染してしまった?と思う場合の行動です。

最寄りの保健所の帰国者・接触者相談センターへお問い合わせください。

帰国者・接触者相談センターは全国の都道府県に設置されているのでご安心くださいね。

相談の結果、感染の疑いがある場合には医療機関を案内してもらえます。

受診の際には、勧められた医療機関、日程を守るようにしてください。

不特定多数の医療機関を受診することは、感染拡大に繋がる恐れがあるのでやめておきましょう。

まとめ【妊婦さんと新型コロナウイルスについて】

今回ご紹介しました内容を参考に、対策をお願いします。

  • 新型コロナウイルスではどんな症状があるのか
  • 赤ちゃんにも感染してしまうのか
  • どう予防するのが良いのか
  • 感染の疑いがある場合にはどうするのが良いのか

以上をまとめました。

正しく理解して、より適切な行動を取ってもらえれば幸いです。

今回の記事作成にあたって、厚生労働省ホームページを参照しました。

より詳しく情報を得たい方は下のバナーから確認ください。

また新型コロナウイルスによる影響は日々変化する可能性が十分にあります。

記事掲載時点での最新情報を載せるよう努めておりますが、

各自がアンテナを高くして、その時々に合わせた対策を講じるようにお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた次回!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる