MENU
うーたろーの画像
うーたろー
パパリーマン
■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

育児疲れに気づいてあげて!ママの苦労とパパにできること

皆さんこんにちは、うーたろーです。

子育てをしていると、子どものことにばかり目がいきがちですよね。

嬉しいときもたいへんなときも、毎日が慌ただしく過ぎていきます。

でも、赤ちゃん以外にもちゃんと目を向けてケアしてほしいことがあります。

それは『ママのメンタル』です。

育児をしていると楽しいこともある反面、疲労もたまるし気持ちが落ち込むことだってあります。

投げ出すことはなかったとしても、「もう嫌だ!」と考えてしまうことだってないとは言えません。

そこで今回は育児疲れについて原因と解消方法を紹介します。

パパができることもお伝えしますので、ぜひ実践したりパパに伝えてみてくださいね。

この記事の筆者
  • パパ(会社員、筆者)
  • ママ(会社員、産休取得中)
  • 子ども(生後2ヶ月)

恐らくよくあるタイプの家庭のパパが執筆しています。

実際の経験も踏まえてお伝えします!

目次

育児疲れの原因

育児疲れの原因

育児疲れの原因は、自分のペースで生活できないこと

もう少し掘り下げてみるなら、ゆっくり自分の時間が取れないことが原因です。

いくらかわいい赤ちゃんと言えど、育児をしていると気持ちも身体も疲れます。

そこに自分ひとりでゆっくりできる時間が数時間でも取れたら。

夜しっかり眠ることができたら、育児による疲れ方もだいぶ変わってくることでしょう。

とにかくワンオペがたいへん

男性の育休が広まっているといっても、実際にはほとんど取れていないのが現状です。

生命保険文化センターの調査によると、2018年の育休取得率は女性82.2%に対して、男性6.2%となっています。

パパが日中は仕事で出勤するというご家庭が多い状態です。

そうなってくるとママはたいへん!

子どもとふたりで過ごす時間が半日もあるんですから。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

間違っても家にいるから好きなことできるじゃん!じゃないんですよ。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

子どもは好き勝手に泣くし、オムツにミルクにたびたび面倒を見ないといけないもんね。

その状態で家事もやろうものなら、自由の時間なんてないも同然です。

パパが帰ってきたら、抱っこでもミルクでも何でもやってくださいね。

夜泣きがたいへん

夜泣きは本当にたいへんです。

特に新生児のうちは、約3時間おきに授乳のタイミングがやってきます。

そうでなくても、オムツが濡れたら泣き出します。

突然目が覚めても泣き出します。

ゆっくり寝る間もなく赤ちゃんのお世話に追われ、体力もメンタルも削られていってしまうんです。

じゃあ日中に寝ればって、日中も変わりません。

むしろ自分の食事や家のことなどをしていたら、時間があっても寝ている暇なんかない状態です。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

少しでも自分を休ませる時間にしたいよね。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

家にいるからって、洗濯や掃除ができなくたって良いんですよ!

夜泣きに関しては、対策をまとめた記事がありますので参考にしてください!

あわせて読みたい
赤ちゃんの【夜泣き】がつらい皆さんへ。原因と対策をお伝えします!
赤ちゃんの【夜泣き】がつらい皆さんへ。原因と対策をお伝えします!毎晩毎晩、夜泣きがつらい…どうすれば泣きやむんだろう…子育ての仕方に問題があるのかな…皆さんこんにちは、うーたろーです。赤ちゃんをお迎えされた皆さん、おめでとう...

思うようにいかなくてたいへん

ワンオペや夜泣きに通ずるものがありますが、自分の思うように生活できないのはかなりストレスになります。

時間は絞られるし、たびたび泣かれるのでやろうとした作業もすぐ中断しないといけなくなります。

時間通りにミルクをあげても飲んでくれなかったり、赤ちゃんの気分に惑わされることも多いです。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

せっかく準備したのにな~って思っちゃうよね。

逆に、なかなか便が出ないとか、かぶれ、湿疹などの赤ちゃんへの心配も、疲労の原因といえるでしょう。

育児疲れの解消方法

育児疲れの解消方法

原因がおおかた出てきたところで、今度は育児疲れを解決する手段を考えていきましょう。

好きなものを食べる

デザートばかりはダメとかお肉ばかりはダメとか、そんなことを言っている場合ではないです!

好きなものを食べて心の疲れが取れるなら、食べてください!

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

いいの!?

うーたろーのアイコン画像うーたろー

いいよ!
ただ毎日そればかりだと考えものです!

暴飲暴食になってしまうのではなく、楽しみながら好きなものを食べるようにしましょうね。

美味しいものを食べて気分転換を図りましょう!

睡眠時間を確保する

そもそも睡眠時間を確保することが難しいのですが、パパが家にいる時間は子どもと一緒にいてもらい、ママは休むということもできるハズ。

できればまとまった時間を確保できると良いのですが、難しければ30分でも寝るようにしてみましょう。

睡眠には心身の疲れをいやしたり、脳の情報を整理したりする効果があると言われています。

気持ちを記録に残す

自分がその日に感じたことや出来事を文字に起こしてみましょう。

日記のような形でももっと簡単な箇条書きでもOKです。

今日はなにができたとか、なにが嫌だったとか。

文字に起こすことで、自分の気持ちを整理できます。

便利グッズを試してみる

便利グッズはどんどん使いましょう。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

僕も最初はどんなもんかと思っていましたが、効果がしっかりありました。

いろいろなことにお金のかかる時期ですが、ケチらず試してみることをオススメします。

赤ちゃん用品でも良いですし、時短家電でも構いません。

育児を少しでも楽にできたり、自分の時間を作るための便利グッズを探してみてください。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

我が家で活躍しているおすすめグッズを紹介します!

育児疲れ対策でパパにできること

育児でパパにできること

少しでもママの気持ちを楽にできるようにしましょう。

ママの自由な時間を作ることをできれば、それでOKです!

今でもほとんどのパパが、子どもが生まれても育休を取ることもなく仕事に出られています。

仕事から帰ってきて、残りの時間はゆっくり休みたい気持ちもありますよね。

そこでもうひと踏ん張りしてほしいです。

まずは子どもを抱っこしてあげてください。

子どもが落ち着き、ずっと家で戦っていたママも落ち着きます。

オムツを変えて、お風呂に入れて、ミルクの時間になったら作ってあげてください。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

これだけで、ママが休める時間が1時間はできあがります!

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

パパが助けてくれる状況だというだけでママは本当に助かりますから!

こっちだって1日仕事で疲れているんだけど…

と思うこともあるかもしれませんが、大きな亀裂の元になります。

メンタリストDaiGoさんの本にありますが、女性の脳は複数のことを同時にこなすマルチタスクが得意とされています。

過去や未来のことも同時に考えられる女性の脳は、良いことも悪いことも記憶します。

育児にどれだけ当事者意識を持っていたか。

のちのちの生活にどれだけの影響があるか、言うまでもありませんね!

ママも、パパが育児に一生懸命であれば、感謝を伝えたり褒めてみたりしてみてください。

男性はよりやる気が出るハズですよ。

お互いの育児疲れを理解するために

お互いの育児疲れを理解するために

育児しているときの感情をリアルに描かれた本があります。

むぴーさんの『母がはじまった』 ですね。

母親になることへの不安や、子どもと旦那さんに対する気持ちを描かれている本です。

あーちゃんのアイコン画像あーちゃん

ママが読めば共感できることばっかりだよ。
わたしもとっても共感した。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

パパが読めばきっとママの心情を理解できます。

育児はお互いの協力があってこそ

育児はお互いの協力があってこそ

育児疲れの原因と解決方法、そしてパパにお願いしたいことを紹介してきました。

育児をしているとなかなか自分の時間を確保することができません。

それも育児は24時間いつでも休みがありません。

仕事のように休みの日は自分の時間というわけでもないです。

ひとりで抱え込んでしまうと、身も心ももちません。

ママとパパが協力してお互いにできることをやり、お互いの時間を作ることが大切です。

ママにできてパパにできないのは授乳だけです。

それ以外はどちらも十分にできる状態でありましょう。

うーたろーのアイコン画像うーたろー

育児は参加するものでもありません。
ふたりともが当事者です。

たいへんなことも多い子育てですが、こんなに小さな時期は今しかありません。

自分の気持ちを上手くリフレッシュさせて、少しでも子育てを楽しいものにできると良いですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

あわせて読みたい
赤ちゃんの【ネントレ】ってなに?寝付かない赤ちゃんもこれでぐっすり!?
赤ちゃんの【ネントレ】ってなに?寝付かない赤ちゃんもこれでぐっすり!?皆さんこんにちは、うーたろーです。赤ちゃんがいつも泣いていて大変。夜泣きがおさまらなくて寝不足。今回はこんなお悩みを解決していきます。赤ちゃんは泣くのが仕事...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

■0歳児に育てられているアラサー。
■愛知県に暮らす普通のサラリーマンです。

■「パパママのお役立ち情報」をテーマにアウトプット中。
■子育て、お金、生活術について、実体験を交えて紹介しています。
■このブログを読まれたパパママが、自分もやってみようかな!と思える記事を目指します。

■直近の課題は「本業と子育てとブログ」の時間バランスの取り方。

■写真を撮ったりもします。相棒はα7ii。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる